気分の落ち込みはうつ症状の可能性が高い|リラックスのススメ

女性医師

今の状態を確認する

カウンセリング

何らかの不調が起きていれば、うつが関わっている可能性がありますので早めに治療を受けることが必要です。治すまでには時間がかかりますので、信用できる医師を見つけることを忘れてはいけません。精神的な症状だけではなく肉体にも影響がでていることもあります。

Read More

身体と心がNOというとき

目頭を押さえる男性

うつの様々な症状は、気づいた時点でしっかりとご自身でケアしてあげることが大切です。いままで頑張ってきた自分の身体と心にお礼を言いながら、うつをキッカケによりよい幸せなライフスタイルを作っていきましょう。

Read More

老化で起こる気分障害

ナース

高齢者が多くなってきている日本国内では老化によって起こる精神的又は気分障害の病気である老年期うつ病になる人が増えてきています。老化によって精神的や身体的に弱ることから不安や孤独に耐えられずに現れる症状なのです。

Read More

辛い気持ちは病気かも

男の人

元気が出ないのは何故か

「いつも気持ちが沈んでいる…」「頑張ろうと思っているのに何もやる気がしない…」「疲れているのに眠ることができない…」。今、挙げた内容は全てうつの症状に当てはまるものです。ある研究によると、日本における1年間でうつ病にかかる人の割合は人口中の1%〜2%と発表されています。つまり1年間で約120万人の方がうつ病にかかっている計算であり、より軽度な症状の方を含めるとさらに増加するものと考えられます。国の対策としても、2015年12月より職場でのメンタルヘルス対策としてストレスチェックが義務化されることになりました。この背景には、うつを含めたメンタルヘルスの問題が長期の休業や離職、更には自殺の問題に関わっていることが明らかになってきたことが挙げられます。実際に厚生労働省が実施した調査によると、2013年における働かれていた人の自殺の原因として、「勤務問題」が含まれていた割合は24.7%にも上ります。このことから、職場を含めた多くの場所において、メンタルヘルスの重要性が注目されており、早急な対策の必要性が言われています。特にメンタルヘルスにおけるうつの問題は、どの世代でも起こりうるものとして考えられるようになっており、子供や高齢者にも症状が現れることが分かっています。今では、専門家への早期の受診が促されたり、うつの方への周囲の人の対応についてガイダンスがされるなど、以前に比べると理解の深まりと共に様々な対策が行われるようになりました。しかし、まだ十分な理解や対応がされずに症状を悪化させる人が多くいることも事実であり、今後も継続的かつ発展的な支援を必要とするものと考えられます。

予防や対処はどうするのか

うつの予防や対処については、様々なものが挙げられます。2、3日気持ちが落ち込むといった軽度の症状の場合は出来る限り負担を減らし、リラックスできる環境を作ることで症状を緩和することができます。ウォーキングや水泳、ストレッチなど適度な運動を行うことで、うつの症状が軽減されることも分かってきており、注目を集めています。もちろん気持ちを落ち込ませる原因となっている問題への対処も大切であり、一人で抱え込まず相談できる人間関係を持っていることも予防に繋がります。一方、2週間以上も気分の落ち込みや意欲の低下、不眠などが持続している場合は、精神科、心療内科といった専門家への早期の相談が重要になります。現在、多くの市町村において専門の病院やクリニックが開設されており、インターネットでも検索することができます。精神科などの医療では、うつへの治療として主に薬物療法が行われ、その他にも認知行動療法を中心とした心理社会的療法も増えてきています。薬物療法では、気分の落ち込みや意欲の低下などに効果が実証されている抗うつ薬や、不眠などに効果のある睡眠薬などが症状に合わせて用いられます。うつ病に高い治療効果があることが示されている認知行動療法では、症状を悪化させている考えや行動のパターンを把握し、より柔軟で生活のしやすいあり方の検討と実損が行われます。うつを含めたメンタルヘルスの問題では、早期発見、早期治療がその後の症状の改善に大きく関わることが言われており、1人で抱え込まずに早めに相談することが望ましいと言われています。