気分の落ち込みはうつ症状の可能性が高い|リラックスのススメ

ドクター

今の状態を確認する

カウンセリング

早く気づくことから

病院に行くことも大切ですが、何より重要になるのはうつの症状に気づくことです。一番わかりやすいのは、睡眠がとりにくくなる症状です。なかなか寝付けなかったり、朝起きるのがつらい状態が二週間以上続いていれば、うつの症状の可能性が高くなります。この段階で、精神科などに相談していれば早めに改善することもありえますが、たいていの人は症状が進行してからでないと、医師に相談しないといえます。うつは、薬などを利用すれば完治したと間違えてしまいがちですが一時的に治まっているだけです。個人差がありますが、三か月以上かかることが多く人によっては一年以上かかることも珍しくありません。治療を始めれば長い期間がかかりますので、しっかりとした医師を選ぶことが重要です。できるだけ、専門医に相談することです。実績が多いところならば、一人一人にあった治療方法を提案してもらえます。一言にうつといっても、現在は様々な種類があります。それぞれ対応の仕方が変わっていきますので、症状などから適切に判断してもらうとよいです。信用できる医師かどうか判断するためには、対応の仕方をきちんとみておくことです。うつを治療するとなれば、信頼してもらうことが重要ですのでしっかりと話を聞いてもらえます。また、予約がとりやすい状態にしてあることも判断基準の一つになります。治療には時間がかかりますが、通院が数ヵ月後になることはあり得ません。情報をきちんと集めて、経験豊富な医師を見つけることができれば症状を緩和できる可能性が高くなります。

精神的に疲れていないか

現在でも、うつになる人の数は増えています。適切に対応するためには精神的な症状を知ることが重要になります。うつの症状で有名なものといえば、何をするにもやる気が起こらなかったり、興味をもてないことです。時々やる気が起こらないことは珍しいことではありませんが、うつになればその症状がずっと続きます。また、時間が変わることで症状が軽減されることもありますが、これは大丈夫になったわけではありません。うつだからといって、一日中悪い状態が続くわけではありません。重度になれば一日中ということもありえますが、すぐに悪化するケースは少ないです。うつの状態が長く続けば、どんどん悪くなっていく可能性が高くなっていきますが、適切な治療を受ければ改善することは可能です。様々な要因でうつの症状がでるといえます。一般的には嫌な仕事をするなどで発症するといわれていますが、昇進などいいことでもストレスになり、うつの症状がでることもありえます。まじめな性格や失敗を許さない考えの人ほど、うつになる可能性はあがっていきます。また、ストレスをストレスと認識できずに悪化させてしまうことも多いので、うつの症状がでた時は、休むことから始めてみるとよいです。休んでも改善されない時は、早めに病院に行くことが必須といえます。精神的な不調だけではなく、人によっては胃腸の状態が悪くなるなど肉体にも影響がでています。体の状態が悪くなっているならば心療内科に行き、症状を確認してもらえば負担を減らしつつ治療を受けることができます。