気分の落ち込みはうつ症状の可能性が高い|リラックスのススメ

ドクター

老化で起こる気分障害

ナース

精神と身体の衰えでの病気

老年期になってうつ病を発祥する老年期うつ病という精神病がよく伝えられるようになっています。それはどういう症状かといいますと、65歳以上の高齢者に現れるもので感情又は気分の病気といわれています。遺伝子的な原因で起こることは少なく心理的や身体的な影響から症状が現れやすく、それは心身のコンディションによって引き起こされやすいとも伝えられています。自律神経失調症のような症状や注意集中困難、意欲減退、記憶力の減退、不眠、便秘、食思不振などそれらのどれか1部が突出して現れてくるような非定型というものが多く、それが老化による精神的・身体的な現象から起こってくるという特徴があります。被害妄想を引き起こしやすく気分の変動は孤独になることや先々への不安からマイナス思考に陥りやすく、ひどい人の場合は自殺にまでつながってしまうケースもあるためおろそかにできる病気ではありません。老年期うつ病になることから免疫力の低下も起こり、インフルエンザ、進行麻痺、脳動脈硬化症、認知症、神経症、ビタミン欠乏症などのような病気の症状に似ていることもあり、うつ病なのかそれとも身体的な病気なのか診断するためには専門医に診てもらうことが重要となっていきます。老年期となって起こる可能性は全体の5パーセントといわれており、今の日本の現代では高齢化となってきていることからこのような症状が現れてくる人が増えてくる傾向もあります。若いときにできたことが老化によってできなくなることもあり、それは精神や気分的にも同じことがいえるのかもしれません。

干渉せず対応するのが大事

もし自分の親や祖父母が老年期うつ病を発祥してしまったらどうしたら良いかですが、あまり干渉しすぎるのはよくありません。あまり干渉しすぎるあまりにそのことを気にして悲観的になってしまう可能性もあるからです。干渉するのではなく、我慢強くそして暖かく見守っていきながら辛さを共有し、そして自殺にまで追い込みそうな感じに見えたときは細心の注意を払いながら刃物やロープなどは目に触れるところに置かないようにすることで最悪の事態を防いでいくことができるようになります。老年期うつ病に対する治療法も進んでいまして、主に精神科や心療内科での治療は薬物療法が第一とされていますが、それでもなかなか治らないとされる場合はリハビリを行なったりカウンセリングを行なったり精神療法を行なったりするなど、いろんな治療法が行なわれていたりもします。薬も老年期に入ることで副作用に対応できない身体となっていることもあるため、そのことに対しても十分注意を払うようになっています。アメリカでは再発防止プログラムという、うつ病が再発しないようにするために行なう予防教育も実施されており、日本でも取り入れていく病院もまだまだ少ないですが出てくるようになる傾向があります。日本ではほかの国に比べて先進国の中でも高齢者の人数は多く存在しているところでもありますから、老年期に対する病の対応や治療は大きな課題となってきていたりもします。そのためにも社会も関心を持つことができるように、高齢者の精神や気分に対する研究も進められていくことが重要となるかもしれません。